読み方プロトコル

protected

ぷろてくてぃど

大まかな意味

PHPのアクセス修飾子。
クラスのメソッドやプロパティに対して指定する事で、利用範囲を限定する事ができる。
protectedは、同じクラスか継承したクラスのみアクセス可能。

適当な使用例

継承を使わないとprotectedの意味がないので、複雑なプログラムを組まない限りは出番がない感じ。

<?php
	class VisibilityCheck{
		protected $protectedProperty = "protectedは継承先でも読めます。";
	}

	// VisibilityCheckを継承
	class VisibilityCheckProtected extends VisibilityCheck{
		public function checkProtected(){
			// 継承元のprotectedが使用可能。
			print $this->protectedProperty;
		}
	}

	$vc = new VisibilityCheckProtected(); // インスタンス生成

	$vc->checkProtected(); // publicなら、外部から呼び出せる。
出力結果

protectedは継承先でも読めます。

読み方プロトコルとは

Web制作の現場で何気なく使われている、PHPの関数や、HTMLのタグ。
英語がベースになっている事がほとんどですが、読み方に困った事はないでしょうか?

仕事仲間とのやりとりなら、適当に済ませる事ができますが、そうはいかない場面もあります。
私の場合、講師のまねごとをさせていただいた経験があり、人前で話しながら読み方が正しいのか不安になった事が多々ありました。
普段はキーボードで打つだけですし、自分の頭の中だけで、勝手な読みを決めってしまっていたのです。
このままではまずいと思い、調べてまとめていく内に、それなりの数になってきました。
せっかくなので公開し、多くの人に活用、判定していただく事にしました。
「こっちの方が一般的ではないか?」と感じる場合は、ぜひご指摘いただければと思います。

よろしくお願いします。